鎮守府記録編纂所―艦これ―

艦これのブログです。艦娘との思い出、艦これをプレイして感じたことなどを綴っています。人の数だけ艦これの世界がある。私の鎮守府へようこそ

Entries

2018年初秋イベントE5(第2ゲージ)(丁)

瑞鳳本気mode
―執務室―
金剛「敵はやっぱり出て来ないデース。これはちょっと厄介ネー」
提督「うーん……どうしたものかな」
ドドドドドドドドド
??「ごめん、ちょっとどいて!」
―バン!
瑞鳳「提督、着替えてきたよ!」
提督「おお来たか。やけに早かったな」
瑞鳳「こんな時にゆっくり改造なんてしてられないからね。妖精の子たちに頼んで高速建造材、使ってもらったの……それで、状況は?」
提督「戦艦仏棲姫がブレストに引きこもってしまってな。おかげで要塞攻撃をする羽目になった。」
瑞鳳「そっか。瑞鳳の子たちなら戦艦を優先的に狙えるかもしれないけど……艦載機がもつかなぁ」
提督「戦艦をあまり連れて行くと敵に捕捉されてしまう。お前の航空支援が頼りなんだ。何とかならないかな?」
瑞鳳「……わかったわ。何とかしてみる。金剛さん、要塞攻撃の指揮はお願いしますね」
金剛「任せるネー!……ふふっ、ようやくいつものヅホちゃんデース。新婚気分は抜けましたカー?」
瑞鳳「状況が状況だからね……それに、この服を着ると気持ちが引き締まるのよ」
提督「瑞鳳、金剛。いざという時に頼りにできるのはお前たち2人だ。頼んだぞ」
金剛「私たちに任せるデース!……テートク、私に惚れ直しても、いいんだからネ?」
瑞鳳「えっ、ちょっと、それ困るんだけど!?て、提督、浮気はダメだからね!」
提督「はっはっはっ。お前たちなら大丈夫だろう。期待しているよ」


大変長らくお待たせしました。
難易度は最終的に丁になりました。

ラスダン直前までは乙で行きましたが、
攻略は無理そうだったので、丙に変更。
それでもあと1手が足りず、泣く泣く丁で挑むことに。

長く苦しい戦いでしたが、うちの子たちはやってくれました。
それでは始めましょう。

<全体マップ>

2018年初秋イベント E5(第2ゲージ)全体マップ

このステージは連合艦隊(水上打撃部隊)での出撃です。
このステージに出撃した艦娘には「ライン演習」の札が付きますが、
丁ではすべての艦娘が作戦に参加できます。
基地航空隊は3航空隊を出撃させることができます。
なお基地への空襲が1回あります。

<自軍構成>
・連合艦隊(水上打撃部隊)

2018年初秋イベント E5(第2ゲージ)攻略編成1
2018年初秋イベント E5(第2ゲージ)攻略編成2

はい、水上打撃部隊という名を騙る空母機動部隊です。
うちの艦隊の命運は瑞鳳にかかっているんです。
というのもね、うちの艦隊はなぜか第二艦隊が夜戦で仕事をしてくれないのですよ(;ω;)。
しかもね、第一艦隊の重巡お二人は物の役に立たないのです(T-T )。
そうなると、実質上の戦力は瑞鳳、金剛、Warspiteの3人だけになるわけですよ
(つд;*)。
その中でね、ボスを的確に狙ってくれるのは、瑞鳳だけなんです……瑞鳳の艦爆隊、お願い

なので、うちは昼戦で戦艦仏棲姫にどれだけダメージを与えられるかが勝負です。
瑞鳳隊の攻撃が外れたら?
はい、あの世の世界こんにちは、この世の世界さようなら( ;∀;)
……まあ、乙丙丁ともに瑞鳳を入れると道中が非常に安定するので、
入れてる側面もあるんですけどね。

因みにこの艦隊構成では、
乙丙丁で最短ルート(U→V→T→R→Q→P→L→O→W)を通ります。
Warspiteが榛名でも同じです。
もちろん時々Nマスに逸れますよ?

・基地航空隊

第1基地航空隊3第2基地航空隊第3基地航空隊2

ラスダンの時のみ基地航空隊は3隊ボスマスに集中します。
彼女たちがPTを葬り去ってくれるかどうかが第1の関門ですからね。
砲台小鬼と敵の第二艦隊も倒してくれると御の字です。

・支援艦隊
今回は投入しておりません。
というより、費用対効果が悪すぎるのでやめました。
……資源が、もたない。

<ボス戦>

戦艦仏棲姫 バカンスmode

はい、私も二度と行きたくありません(`・ω・´)

2018年初秋イベント E5(第2ゲージ) Wマス(ボス最終編成)
ボス最終編成(丙)。丁になると第一艦隊のPTが弱体化します。

敵影を視認できないこと幾数日。ようやく辿り着いたブレスト港。
そこへイギリスから飛び立った基地航空隊が襲い掛かる。
……PT、撃沈!……砲台、撃破!……敵第二艦隊、壊滅!
久々に聞く基地航空隊の大戦果。今回はいけるだろうか?

続いて砲撃戦に移行。
―瑞鳳の艦爆隊、お願い!!
瑞鳳が祈りを込めて航空隊を解き放つ。
―第二次攻撃隊、戦艦仏棲姫にダメージ288!
―第三次攻撃隊、戦艦仏棲姫にダメージ270!
……Warspiteや千歳の攻撃もあって戦艦仏棲姫の体力は残り36。
第二艦隊が魚雷の目標を戦艦仏棲姫に定める。さすがにこれはいけるだろう。

―雷撃戦―
第二艦隊が戦艦仏棲姫に向けて一斉に魚雷を発射する……全弾、回避!?
……出るのか、出ちゃうのか。第二艦隊の「実は本気じゃないモード」。
いつもは戦艦仏棲姫に200くらい叩き込んでるだろ!
どうしてうちは第一艦隊と第二艦隊が噛み合わないんだ?
戦艦仏棲姫の体力を15残して夜戦に突入。
……ホントに大丈夫なのか?

2018年初秋イベント E5(第2ゲージ) Wマス(ゲージ破壊)

……と思ったら友軍艦隊が戦艦仏棲姫を撃沈。
マエストラーレ、君のカスダメは、忘れない∠(`・ω・´)
最後に古鷹が残った飛行場姫に止めを刺して終了。
……長波様でも、頑張れば270のダメージが出るのになぁ。はぁ……

<戦いを終えて>
非常に運に左右された戦いでした。
Tマスで門前払い。無傷の時に限ってNマスに逸れてゆく。
ボスマスにつけば第一艦隊と第二艦隊が噛み合わない……
……いやね、特効艦もドイツ艦もいない中、
うちの子たちはよく頑張ったと思いますよ?
でも丁に落とさなければ港湾夏姫も飛行場姫も倒せないっていうのがもうね……(・_・、)

第二ゲージで消費した燃料は約2.8万。
1海域当たりの平均消費燃料は8千~1万なので、うちの鎮守府には大打撃です。
1万8千くらいで始まりましたからね、E5は……。
消費燃料のわりにここまで日数がかかったのは、3~4日ほど休んでいたからなんです。
ちょっとね、精神状態が悪かったんですよ……

因みに戦艦仏棲姫に対する瑞鳳隊の戦果は、乙では150。丙では400。丁では550です。
乙になると2スロットは全滅しますからね。
それでも道中は安定するし、ボスにも戦艦と同じくらいは叩き込んでくれるんですよ。
今後も瑞鳳隊の活躍にご期待ください。

……さて、丁ではボスマス出現のギミックがありませんので、
次回は第三ゲージになります。
気が付けばイベントも終盤。皆さんよいイベントを!

*Comment

NoTitle 

瑞鳳と一緒に頑張ってますねー。
難関のE5-2も突破しあと少しで完走ですね。最後はどんなドラマが待っているか楽しみです!

老婆心ながら一つ。あとちょっと装備の積み方を煮詰めたらきっと全員仕事をしてくれるようになると思います。ここが提督の力の見せ所。艦娘に尊敬される指揮を期待してます!
  • posted by 鶴 
  • URL 
  • 2018.09/25 22:44 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

>鶴さん

ありがとうございます!

実はですね、丁以外だと昼戦で港湾夏姫と飛行場姫が必ず残ってしまって、それで第二艦隊の攻撃が逸れちゃうんですよ。
本当は基地航空隊と支援艦隊が砲台以下を、第一艦隊が港湾夏姫と飛行場姫を吹き飛ばさないといけないのですが
……なかなか難しいです。
どうにもならなかったので、今回は瑞鳳の火力にものをいわせて無理矢理突破してみました。

E2の時といい、どうも対地攻撃はまだまだ勉強不足のようです。

艦娘全員の力を引き出せるよう、これからも頑張りたいと思います。
  • posted by シノ 
  • URL 
  • 2018.09/26 20:43 
  • [Edit]

NoTitle 

WG積んだ連撃なら1回飛行場姫を落せるかも。
うちはタシュの機銃+WG連撃で飛行場姫を落としてくれました。
あると便利だよ、WG。

ってこの記事読みながらE1やってたら瑞鳳がドロップしたわ。
曳かれたのかしら。。
  • posted by 黄色い鈴 
  • URL 
  • 2018.09/29 12:02 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

>黄色い鈴さん

なるほどー、WGですか。
やっぱりもう少し装備を工夫しないといけませんね。

最近は霞に加え、朝潮がようやく改二丁になってくれました。
霞が改二になったのはラスト1回くらいの時だったので試せませんでしたが、
これで三式弾、大発、WGとようやく対地攻撃の手数が揃った気がします。

次に陸上型深海棲艦とまみえるときは、リベンジしたいですね。
  • posted by シノ 
  • URL 
  • 2018.09/30 02:07 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

シノ

Author:シノ
鎮守府記録編纂所へようこそ!
当サイトは艦これのブログです。

着任時期:2018年2月
サーバー:トラック泊地→舞鶴鎮守府

編纂所入館者数

最新記事

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング